チリ一般情報

【必読!】海外生活向け、買うべきものリスト

三男
三男
これから海外生活を行う方に参考になればと思って書いてみたヌイ!

本記事の内容

  • 海外生活を始めてから、日本製品の良さを痛感する日々
  • 海外で日本製品を入手するのは困難なので事前に準備しておこう
  • 役に立つものから必需品まで幅広く紹介
  • 男性目線、女性目線、子供目線で必要なものを紹介

本記事の信頼性

  • 南米チリ在住6年目の純日本人男性
  • チリ人女性と国際結婚、1児のパパ
  • 企業戦士を支える立場で絶賛活動中
  • 絶望から這い上がろうと日々奮闘中
SNSやってます!

@MACLKO

@hermanos_moai

@Moai Brothers

 

過去の無知の自分を殴ってやりたい

過去の自分は完全に何もかもを舐めきっていました。

全く下調べもせずに南米での海外生活を開始したのです。

海外生活を始めるのに、スーツケース1つと大容量のバックパックのみで臨んだ男。

しかもスーツケースの中身は、サマーバケーションを彷彿させるグッズばかり。

勝手に南米は暑い国だと思い込んでいたのです。

 

 

これを読んでいただいている方は同じ過ちを犯さないように、入念に準備をしてくださいね。

海外生活を始めるにあたり、必要な情報を詰め込んだ記事を描いてみました。

 

現在はチリに住んでいるので、詳細はチリにフォーカスしています。

しかし枠組みはどこの国も同じですので、必要な情報収集のネタとしてご確認いただけたらと思います。

 

海外生活に必要な情報

【必見!】チリに行く前に知っておきたいこと 本記事の内容 チリ渡航前、渡航後に必要な情報が分かる チリだけでなく、海外生活に必要な知識が分かる ...

 

 

続きは編集後記で。

 

 

南米で生活を開始してから海外生活で絶対に必要なものというのがようやく分かってきました。

一時帰国をする時に必ず買うべきものや、あると便利なものをご紹介させていただきます。

 

必需品!男性バージョン

 

電化製品は全般的に日本で購入する方が高品質で安いと思います。

 

チリでももちろん電化製品は販売されておりますが、日本で人気のあるメーカーのものは品揃えが悪い印象です。

 

例えば下のパナソニックの髭剃りも販売されていますが、日本で購入する方がモデルがたくさんある上に、海外で購入するより同等モデルでも価格が安いです。

三男
三男
海外版だと種類は少ないし、ちょっと割高だヌイ!

 

パナソニックの髭剃り
https://amzn.to/3ebor8H

 

チリで販売されているモデル

ES-LT4N-S803(114,990ペソ=約1万5千円)

 

 

Philippの髭剃り

https://amzn.to/3d4VART

 

ブラウンの髭剃り

https://amzn.to/2UVv0EO

長男
長男
次に一時帰国する時はパナソニックの髭剃りを買うと決めているイスラ

 

 

ここに来て、いきなりですが。

コンドームも必需品ですよね。

 

南米の商品はどんなのか全くイメージ湧かなかったので、不安になり結構持って行きました。特にサイズの心配を相当していたのですが、結果そんなにダブダブに余るということはなく使えます。

 

ただ日本と比較すると圧倒的に種類が少ないし、0.02mmなどという代物はございません。これはお土産として重宝しますね。ちょっと装着時の窮屈さがなんとも言えないし、「tamaño japonés」なんてことを思われたりして笑。

 

サガミオリジナルのコンドーム

https://amzn.to/2YMoyRq

 

めちゃうすシリーズ

https://amzn.to/37Akg3A

 

 

男性化粧品という概念は日本だけなのかな?

こちらでは「for MEN」の商品を全然見かけません。日本へ一時帰国する時には必ずヘアワックスを買っています。こちらには髪を自由自在に操るワックスはなく、パリパリに固めるジェル系がメインです。

 

ナカノのワックス

次男
次男
確かジェレイドのワックスは、チリにある緑の薬局で見かけたことはあるけど、今はどうなっているか分からないラパ!

 

肌のケアとかを全くしない自分ですが、日本にいるときに他にどのような化粧品を使っていたかというと、眉毛を整えるセットだったり、あぶらとり紙ぐらい。

あぶらとり紙は青のシートが透明になるぐらいたくさん油を製造していましたが、チリに来てからはどちらかというと肌がカサカサになっている気がします。

シャンプーはずっとLUSHの製品を使っていましたが、こちらでもショップがあるので問題ありません。

 

 

後、個人的にはBoseのヘッドホンが最高!

特に在宅勤務になってから一日12時間ぐらい使っているので、

ちょっと高いけど奮発して良かったなと心の底から思っています。

 

BOSE NC700のヘッドホンでチリ人の雑談をシャットアウト! チリでは2社での勤務経験がありますが、チリでの労働環境の感想を一言で表すと… 「うるせー」に尽きます。ここ一番集中したいと...

 

 

必需品!女性バージョン

 

化粧品

やはり女性はそれぞれに使いやすい化粧品があるということなので、普段から利用されている化粧品は準備しておく方が良いです。こちらにもデパートの化粧品売り場がありますのでインターナショナルな商品であれば入手できます。ただ店員と会話して細かい色を決定することを考えると最初のうちはお気に入りの商品を持っていくことをオススメします。

 

そうそう、SHISEIDOの化粧品も少しは売っているけど、妻のお気に入りの化粧品メーカーです。こちらも現地の友人とかにあげるお土産で良いかもしれませんね。

 

化粧水や乳液

化粧水は全くないことはないのですが、敏感なお肌をお持ちの方は使いやすいものを持ってこられる方が良いでしょう。男性の僕は今まで使っていませんでしたが、乾燥した気候が僕の肌をカサカサにしてくれるので、The Body Shopの化粧品を使っています。

The Body ShopやL’Occitaneはあるので、その辺りを愛用されている方はこちらでも購入できると思います。

 

その他、駐在妻の友人に聞いてみると、カネボーのファンデーション「ルナソル」だったり、ロレアルの口紅(最近はこういう言い方しない?)、シャンプーだとケラスターゼが人気でしたね。

 

妻が個人的に気に入っているのは日本酒のパック。お土産に持って帰るには重たいんだけど、毎度結構買わされます。

 

三男
三男
女性目線はちょっと難しかったヌイ!笑

 

 

必需品!男女共通バージョン

 

ドライヤーはほぼ毎日使うアイテムですね。さすがにTESCOM製品は見かけないので、このメーカーが好きな方は日本で調達しておく必要があります。海外対応かどうかだけは見ておく必要があります!

 

パナソニックのドライヤー

https://amzn.to/2Y7sz3O

 

テスコムのドライヤー

https://amzn.to/2YBjIq0

 

 

iPadやiPhoneなんかも同じことが言えます。若干モデルが異なります。印象的には海外版の方がSIMフリーがベースだし、写真を撮るときのカシャっていう音もしないのですが、やはり割高感は否めません。

この間、一時帰国をしたときにMacbook Airを購入しましたが、長いこと海外に住んでいるとTAX FREEで購入できたので、また来年帰国するときには別のアイテムを調達したいと考えています。

次男
次男
今は新しいiPadが欲しいラパ!ライトニングケーブルが充電口のなかで折れてしまったラパ!

 

 

最初は炊飯器が無くて、500円ぐらいの鍋でお米を炊いていました。

米を食べることができるだけでありがたいとおもっていましたが、やはり炊飯器で炊いた米が食べたくなってきたので調達しました。今は象印の海外仕様の旧モデルを使っているけど、それでも米が死ぬほどうまい。。

やはり体に染み付いている習慣ですので、ここはちょっと高いけど奮発して準備することをオススメします。米のクオリティが低くても、涙を流しながら食べることができます。

 

象印の炊飯器

 

タイガーの炊飯器

これは個人的に気になっているけど、電圧が230-240Vなんですよね。チリは220Vだけど使えるのかな?Tacookという機能がすごく魅力的で、一度に色々できることって素敵!

 

 

加湿器は乾燥しているチリでは必需品です。僕は残念ながらまだ入手できていませんが、駐在員の友人宅へ行くと、必ず1台はあるアイテムとなります。中でも多いのはシャープのプラズマクラスター。

駐在員であれば現地のマンション仲介業者のレンタルサービスを利用できるみたいですが、数に限りがあるので確保されたい方は調達することをオススメします。

 

 

意外と駐妻に人気だったのがマキタの掃除機。僕の妻が数年前に開催された日智商工会議所の懇親会で以下の製品をいただきました。今でも愛用中です。マキタはチリやペルーにも進出されております。

個人的にはお掃除ロボットが欲しいのですが、チリではまだバリエーションが少なく躊躇しているところです。毎日チビ助が食いカスや暴れ倒してホコリがたくさん出るので、自動でお掃除して欲しいのですが。。

https://tiendamakita.com/2-inicio

国番号が+571だから、上記リンクはコロンビアのサイトかな?オンラインのマキタ専門店です。

 

日本のAmazonで見てみると、やっぱりマキタ製品ももちろんだけど日本の方が品揃え豊富だな。。海外向けはどちらかと言うと家庭向けより企業向けかと言うようなサイズ感が多いような気がします。

でも自分が使っているモデルでも見た目は質素なんだけど、しっかりと吸引してくれて、ハンディタイプにもなるから車内の清掃なんかも楽々。

昔、家族が優先のクソでかい掃除機を延長コードで伸ばして、車内清掃していたことを思い出してしましたました。住みやすい世の中に感謝ですね。ちなみに持っているのは緑色なんですが、個人的には白が見た目もスタイリッシュですね。

マキタの掃除機

 

 

次のオススメは海外でもスマートな生活を望まれている方には重宝するアイテムです。

実際、自分の友人宅にも1台あって、そのすごさを実感しました。機械というか、もう我々の輪の中にいるような存在ですね。会話の流れで、自分らが学生だった頃の懐かしい曲の話題になり、聴きたくなったら、「アレクサ、●●かけて」って言ったら、流れるんだもんな。

今まで携帯の中に登録されている楽曲を探したり、YouTubeで関連する曲を探したりと「手間」がかかっておりましたが、ワイングラスを揺らしながら、アレクサに語りかけるだけです。早く聴きたいのに探す時間がかかって白けることもありません。

エコードット

 

 

変圧器は言うまでもないですね。日本から日本製品を持っていく方は必ず居住する国の電圧の確認をしておきましょう。チリの場合だと、220Vなので日本製品を使うためには、「降圧」するための変圧器が必要となります。

UMIの変圧器

 

 

カメラも他の電化製品と同じく、海外だと高くて種類が少ないのがネックです。キャノンの製品で一度比較をしてみたいと思います。日本だとデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X90」というモデルがあります。チリだと見た目はほとんど同じのモデルが「Rebel T7i」で販売されています。もしかしたらディテールが少し異なるとは思いますが、日本だと7万円の製品が、チリだと10万円します。

 

そういえば、以前一時帰国した時に会社の同僚にお土産を頼まれたことがありました。

カメラのレンズとマイクです。レンズもこだわりのある方にとってはインドネシア産(同僚がそう言っていました)と日本産では異なるんだと主張していました。

ちょっとお土産として持って帰るのには金額が張るんで、少し緊張するんで受けたくはなかったのですが笑。経由地で盗まれたりしたら…なんてことを思ったりしますが、今まで紛失したこととかはありません。多分ごちゃごちゃしたものしか持って帰らないから、触る気すら起きないのかもしれませんね笑。

 

 

みなさん、お酒は好きですか?

焼酎や日本酒、ウイスキーなんかも持っていけるのであれば持っておく方がよいでしょう。

一時帰国をすると必ず購入するのがこの3種類のお酒です。チリ人へのお土産としても喜ばれるので、自分が飲まないとしてもパーティー用に準備しておけば、人気者になれること間違いなしです!

別に高級品でなくても、ラベルに漢字が書かれているだけでもプレミアム感が出ます。

白州ウイスキー

 

富士山麓ウイスキー

 

ワイン好きの方にオススメの商品があります。

チリをはじめとするワイン生産国で生活される方は、ワインを飲む機会が増えると思います。サンティアゴで生活していたら少し車を走らせるとワイナリーがたくさんありますので、ワイン好きにとってはたまりません。

このラベルを保管するグッズは持ってこられることをオススメします。コレクションにすると面白いでしょう。中にはコルクを集めている方もいらっしゃいますよ。僕は観葉植物の植木鉢に飲んだ後のコルクを放り込んでいます笑。あまり増えすぎると妻に飲み過ぎやって注意されるかもしれませんね…

 

ラベル剥がし

 

 

そうそう、一時帰国したら必ず買うものが、和食器。こちらに旅行で来た僕はさすがに和食器は日本から持ってきませんでした。なので、一時帰国した時に少しずつ運んでいます笑。

別に僕は日本から派遣されていないし、立場上でお客さんを招いて和食を振舞うこともないので、立派なものはいらないのですが、少しだけ雰囲気を出したい時に和食器を使ったりします。だし巻き玉子を作っても、なんか普通のお皿だと雰囲気でないんですよね。焼酎や日本酒もどちらかと言えば、陶器製のもので飲みたいんですよね。

もはやダイソーでも満足できますが、関西出身の僕が一時帰国したら必ず寄るところが、大阪難波。道具筋というところで食器などを漁ります笑。

そう言えば、2018年3月に帰国した時には、ラーメンのスープを飲むためのスプーン、刺身包丁、銅製の玉子焼き用フライパン、IHクッキングヒーター向けのたこ焼き器とかを買いましたね。たこ焼き器は重量があるので小さいのにするしかありませんでした。

大阪の道具筋がどんなところかイメージが鮮明に湧く記事を見つけましたので貼っておきます。

 

https://osakalucci.jp/doguyasuji

次男
次男
写真が多いので、ちょっと開けるのに時間がかかってしまうラパ!

 

 

引っ越し業者を使えるのであれば、羽毛布団とか敷き布団もオススメです。こちらにも「FUTON」という名の寝具が販売されていますが、名前に騙されてはいけません。ソファーベッド的なものを指しています。

これがfalabellaというお店で売っている「futón」です。

 

 

 

後、意外に重要なのが、「コンタクトレンズ」ですね。

これは別記事に詳細を記載しておりますので、以下の記事から確認してみてください。

サンティアゴでコンタクトレンズ購入をするためには…? コンタクトレンズユーザーに朗報です。 (4/23追記:日本のサイトで1つお買い得なLens Oceanさんの情報)...

 

 

そうだ、スリッパもいいのがないから、日本から遊びに来た友達に持ってきてもらいました。無印良品なんかで揃えておくと外国の低クオリティ製品を買わずに済みますね。

 

 

必需品!子連れ家族バージョン

 

こちらでもオムツは売っています。

パンパースだったり、メリーさんのオムツが手に入ります。でも子供のいる友人宅で過ごしていると、しまじろうの絵が入ったオムツを使っている家庭が多かったです。送付制度か手荷物で日本のパンパース製品を持ってきているんでしょうね。

確かにこっちのパンパースは外から触るのしっとりしていた記憶があります。

 

一時帰国をした時は離乳食なんかも買い込みました。

こちらの離乳食は美味しいらしい(妻曰く)のですが、ワンパターンというイメージです。

だいたい瓶に入っていて携帯するにも不便だし、日本の離乳食はバリエーションがあって、携帯にも便利ですよね。

 

子供用のおもちゃも、もちろんチリでも売っていますが、クオリティが。。

特に知育グッズが少ない気がします。その辺りは日本から持ってくることをオススメします。僕のところは男児なので、「トミカとプラレール」は外せません。

毎日遊んでいるレゴはチリでも売っています。日本限定商品は、子供用ではなく、大人向けのお土産に良いかもしれません。

 

編集後記

自分が南米に足を踏み入れたのは2014年の4月。

 

南半球なので夏も終わり、

これから秋口に差しかかろうとしていた頃。

 

スーツケースいっぱいに詰めた半袖短パンを

着用する機会は残念ながらありませんでした。

 

どこの会社だ!

渡航直前に太陽の国マテ茶なんかリリースしたところは(怒)

 

しかも宣伝が完全に暑い国だ

というイメージを植え付けるもので、

情弱の自分は完全にやられました。

 

 

こんな感じで到着した僕ですが、

寒さで震えることが多々ありました。

 

雨上がりの日なんて、もう最悪です。

辛うじて持っていた折りたたみ傘は小さすぎて、

豪雨から身を守ることもできず。

 

これまで何十人、

いや何百人の人に助けてもらってきた

自分の欠点は人使いが荒いところ笑。

 

妹がたまたま南米に旅行するというもんで、

電話越しで頭を下げて、

自分用のスーツケースを2つ持ってきてもらった。

 

ペルーに到着して、

そのスーツケースを隣国のパラグアイまで

運んでくれたんだからもうそれは感謝しかない。

 

その中にはユニクロのライトダウンからインナー、

それにマフラーなどの防寒具。

野球用のグローブなんかも運んでもらったりして。

 

やっぱり事前準備って、

何事においても大事なんですよね。

 

スポーツや社会人を通して学んでいたことなのに、

当時はどこからか湧いて出てきた

「根拠のない自信」がそれを優っていたのです。

 

生活基盤を整えるのは、普通のこと。

当たり前のことを当たり前にするために、

当たり前にできるために、

しっかりと下調べはしておきましょうね。

 

以下が海外生活をするために必要な大まかな情報です。

 

これをベースにご自身で肉付けをされていくと、

より快適な海外生活をお送りいただけると思います。

 

【必見!】チリに行く前に知っておきたいこと 本記事の内容 チリ渡航前、渡航後に必要な情報が分かる チリだけでなく、海外生活に必要な知識が分かる ...

 

まとめ

 

本記事のまとめ

  • 海外生活を始めるとなぜか日本製品を使いたくなる
  • でも海外で日本製品を入手するのは困難なので事前に準備しておくべき
  • 日頃あれば役に立つものから絶対に外せないものまで幅広く紹介
  • 情報集めは絶対に大事!!!

いかがでしたでしょうか?

このブログではチリ生活や海外生活について発信しております。

ぜひ以下の記事ものぞいてみてください。

【必見!】チリに行く前に知っておきたいこと 本記事の内容 チリ渡航前、渡航後に必要な情報が分かる チリだけでなく、海外生活に必要な知識が分かる ...

 

SNSやってます!

@MACLKO

@hermanos_moai

@Moai Brothers