スペイン語

スペイン語の動詞【直説法×時制】10 パターンの理解に励もう!

次男
次男
みんなが苦手とするスペイン語文法、【動詞の時制】について説明するラパ!

本記事の内容

  • 動詞の時制について
  • 各時制の主な役割
  • 各時制のさまざまな使い方について
  • 時制の例文集
  • 時制の一致まとめ

本記事の信頼性

  • 南米チリ在住6年目の純日本人男性
  • チリ人女性と国際結婚、1児のパパ
  • 企業戦士を支える立場で絶賛活動中
  • 絶望から這い上がろうと日々奮闘中
SNSやってます!

@MACLKO

@hermanos_moai

@speingo_verbos_moai

動詞の活用に特化したアカウントです

@Moai Brothers

 

スペイン語の学習をしている皆さんにとって一番難しい文法はなんですか?

個人的には、動詞の『接続法』や『時制の一致』が挫折ポイントだと思っています。

今回は【直説法×時制】という観点で記事を書いていきます。

 

Contents

動詞の時制について

スペイン語の動詞には3種類の法があります。

  • 直説法:「事実」をありのままに、「客観的」に伝える表現方法。
  • 接続法:「願望」「感情」「疑惑」を伝える表現方法。
  • 命令法:「命令」を伝える表現方法。

 

今回は動詞の直説法に絞って勉強していきましょう。

直説法:modo indicativo

 

直説法には 10 種類の時制があり、

2つのタイプ(単純形・複合形)に分類することができます。

 

単純形
  • 現在形
  • 点過去
  • 線過去
  • 未来形
  • 過去未来

 

複合形
  • 現在完了
  • 過去完了
  • 直前過去完了
  • 未来完了
  • 過去未来完了

 

 

複合形は上のリストを見ていただいたらお気づきのように、【◯◯完了】というタイプのもの。

これらの作り方は、【haber + 動詞の過去分詞】が基本となります。

 

完了形の作り方ポイント
  • haber は、時制によって活用させる
  • 過去分詞の作り方は以下の通り
    • ar 動詞 → - ado
    • ir 動詞 → - ido
    • er 動詞 → - ido

 

各時制の主な役割

動詞の役割は、「できごと」「行為」「状態」を表すことが基本です。

それぞれの時制が存在するのは、上の3つが「いつ起きたか」を明確にするため。

 

ここではそのメインの使い方である「時」の感覚をお伝えします。

まずはここをしっかりと抑えておくことが大切です。

 

現在形

文字通り、「現在」のことについて表現するときに使います。

 

Ahora estoy en el estadio Koshien.

今、甲子園にいます。

 

点過去

「すでに終わった行為」を伝えるときに使います。

 

Ayer estuve en el estadio Koshien.

昨日、甲子園にいました。

 

線過去

これも過去のことを表します。行為などが「継続している」状態の過去形。

その行為の「はじまり」や「おわり」はあまり気にしません。

 

Cuando me llamó ayer, estaba en el estadio Koshien.

昨日電話をくれた時、甲子園にいました。

 

未来形

こちらも文字通り「未来」のことについて表す表現となります。

 

El próximo jueves a las 20:00 hrs, estaré en el estadio Koshien.

来週木曜日の夜8時は、甲子園にいます。

 

過去未来

この過去未来というのは、文字だけで判断するとわかりづらいです。

「過去」から見た「未来」のことを表現する方法です。

過去から見た未来なので、たとえば次のようなパターンが考えられます。

  • おとついから見た昨日
  • おとついから見た今日
  • おとついから見た明日

要するに、おとついから後に起こる行為すべてが対象です。

 

 

Moai me dijo que estaría en el estadio Koshien el jueves.

モアイは、木曜日は甲子園にいるだろうと僕に言った。

 

 

現在完了

ここからは複合形となり、「完了」という言葉が加えられています。

完了なので現時点である行為が「終わっている」と考えることができます。

 

「点過去」と「現在完了」、どちらも過去のことを伝えることになるので少しポイントを。

  • 点過去は遠い過去、現在完了は近い過去
  • 現在完了はまだ終わっていない時間帯での完了した行為

具体的に言うと、「今日という日はまだ数時間のこっているけど」すでに行為を完了しているときとか。

 

 

Este año he estado en el estadio Koshien cinco veces.

今年は甲子園に5回行った。

 

例えば、プロ野球のシーズンは4月頃から始まりますよね。

上記の会話がまだ6月の時点だったとしましょう。

その場合、シーズンが終わるまでに数ヶ月残っている状態です。

こんな時に使えるのが「現在完了」というわけです。

 

過去完了

過去のある時点よりも、「もっと前に」終わっている行為を表す。

ポイントは「ある過去の時点」を示す語句を備えてあげること。

 

Cuando me llamó ayer, ya había estado en el estadio Koshien.

昨日電話をくれた時、すでに甲子園にいました。

 

直前過去完了

過去のある時点よりも、「ほんのちょっと前に」終わっている行為を表す。

この時制はあまり見かけることがなく、「過去完了」が使われるケースが多い。

 

Cuando Moai hubo salido del estadio Koshien, empezó a llover.

モアイが甲子園から出た時、雨が降り始めた。

 

未来完了

「現時点」から見て、未来のある時点よりも前に行為が終わっているであろうことを表す。

 

El próximo jueves, habré estado en el estadio Koshien cinco veces.

来週木曜日で、今年は5回甲子園にいることになる。

 

過去未来完了

「過去のある時点」から見て、未来のある時点よりも前に行為が終わっているであろうことを表す。

 

Al inicio del año, Moai creía que habría estado en el estadio Koshien más de cinco veces.

年初、モアイは5回以上は甲子園にいるだろうと思っていた。

 

 

各時制のさまざまな使い方について

メインの使い方をきちんと学べた方は次のステップに進んでいきましょう。

 

実は文字通りの使い方だけじゃなくて、それぞれの時制が多くの表現方法を持っています。

 

ここをきちんと学習することで、スペイン語の文章を翻訳するときに「なぜか変な訳になる」なんてことにはなりません。

 

現在形

  • 現在と区別できなぐらい近い過去
  • 現在の反復行為や習慣
  • 真理やことわざ
  • 未来(意志、確実なできごと)
  • 歴史的現在・物語的現在(修辞的な技法)
  • 命令(強めのニュアンス)

 

点過去

  • 現在の直前に終わった行為
  • 心理的現在

 

線過去

  • 過去の反復行為や習慣
  • 時制の一致(過去から見た未来)
  • まだ終了していない過去の行為(意図)
  • 現在・未来の行為(婉曲的)
  • 完全に終了したできごと(点過去の代わり)
  • 過去のある時点で、未来に行う意図や計画
  • 過去の現実的条件文の条件節
  • 架空の人物設定や役割配分

 

未来形

  • 行われるべきこと(法律・規則など)
  • 話し手の意志(間接的)
  • 話し手の不信
  • 現在の行為や状態の推測
  • 譲歩
  • 命令(強く要求)
  • 驚き・不安・意外性

 

過去未来

  • 過去の行為や状態の推測
  • 現在・未来の行為や状態の推測(暗に条件を含む)
  • 現在・未来の行為や状態の婉曲的な表現
  • 現在・未来に関する非現実的条件文の帰結節
  • 譲歩
  • 不確かな情報
  • 架空の人物設定や役割配分

 

現在完了

  • 現在までの継続
  • 現在までの経験
  • 心理的現在に起こった行為・状態

 

過去完了

  • 過去のある時点までに継続した行為・状態
  • 過去のある時点までに経験したできごと
  • 強調
  • 過去のできごとに関する非現実的条件文の帰結節

 

直前過去完了

  • 特になし

 

未来完了

  • 現在における完了の推定
  • 現在までの継続の推定
  • 現在までの経験の推定
  • 既に完了したできごとについての驚き・不安・意外性
  • 命令

 

過去未来完了

  • 過去のある時点から見て、既に完了したできごとの推定
  • 過去のできごとに関する非現実的条件文の帰結節
  • 不確かな情報

 

 

時制の例文集

現在形

現在と区別できなぐらい近い過去

Por eso acabamos de lanzar nuestra segunda campaña de crowdfunding.

なので、クラファンキャンペーン第二回目を投じたところである。

 

スペイン語読解の近道。「接続詞」を学んで文章の流れを読もう。 本記事の内容 接続詞を学ぶ大切さ 6つに分類する接続詞 よく見かける接続詞 接続詞を使った例文 ...

 

 

現在の反復行為や習慣

Practica la pronunciación frecuentemente.

頻繁に発音を練習する。

 

真理やことわざ

El que ríe el último, ríe mejor.

最後に笑う者が最もよく笑う。

 

未来(意志、確実なできごと)

¿Qué cocino mañana?

明日は何を作ろうかしら?

 

歴史的現在・物語的現在(修辞的な技法)

El biólogo italiano, Lazzaro Spallanzani descubre en el año 1700 la existencia de estas ondas.

イタリア人の生物学者である Lazzaro Spallanzani は、1700 年にこれらの波動の存在を発見した。

 

命令(強めのニュアンス)

Te quedas en la casa.

お前は家に残っておくんだ。

 

点過去

現在の直前に終わった行為

Hace poco que salió nuestro gerente.

ちょっと前に我々のマネージャーは外出したところ。

 

心理的現在

No participaste en la reunión esta mañana.

今朝はミーティングに参加しなかったね。

 

線過去

過去の反復行為や習慣

Los hermanos se dieron cuenta que, al contar la verdad de sus planes, la gente se burlaba de ellos.

その兄弟は、彼らの計画の真相を伝えるときに、人々が彼らを嘲笑していることに気づいた。

 

時制の一致

Me dijeron que estaban esperanzados que el avión volara.

彼ら(彼女ら)は、「飛行機が飛ぶ」ということに期待を抱いていたと私に伝えた。

 

まだ終了していない過去の行為(意図)

Justo cuando la moneda solo aumentaba más y más de valor es que Arturo comenzó a aprender la inversión.

ちょうど通貨の価値がどんどん上がっていたときに、アルトゥーロは投資について学び始めた。

 

現在・未来の行為(婉曲的)

Le traía el reporte de la cámara comercial para usted.

商工会議所のレポートをお持ちしております。

 

完全に終了したできごと(点過去の代わり)

Juan llegaba a la oficina a las ocho y ellos salían.

フアンは8時にオフィスに着いたが、彼らはすでに外出していた。

 

過去のある時点で、未来に行う意図や計画

Después de hablar con Pedro y con Pablo me quedó claro que no iban a entrevistar a las candidatas para nuestra secretaria.

ペドロとパブロと話した後、彼らは秘書の候補者たちに面接を行わないつもりだということがはっきりした。

 

過去の現実的条件文の条件節

Si tenía tiempo, iba a hacer ejercicio todas las mañanas antes de ir al trabajo.

もし時間があれば、仕事へ行く前に毎朝トレーニングをしていたのだが。

 

架空の人物設定や役割配分

Yo era el papá y tú el niño.

僕がパパで、君が子供ね。

 

未来形

行われるべきこと(法律・規則など)

Se denominará teletrabajo si los servicios son prestados mediante la utilización de medios tecnológicos, informáticos o de telecomunicaciones o si tales servicios deben reportarse mediante estos medios.

もしサービスが、「テクノロジー・情報科学・遠距離通信の利用を通じて行われる」または「これらの手段を通じて報告される」場合、『teletrabajo』と名づけられる。

 

話し手の意志(間接的)

Algún día entenderás la razón de esta decisión.

いつか、この決断の理由を理解するだろう。

 

話し手の不信

Carlos tendrá mucho trabajo, pero mira cómo conversa con sus compañeras.

カルロスはかなり仕事を抱えているだろうが、同僚の女性たちとしゃべっている姿を見てごらん。

 

現在の行為や状態の推測

¿Qué hora será?

何時かな?

 

譲歩

Será muy costoso, pero vale la pena invertir en una aspiradora robot.

とても高いだろうけど、お掃除ロボットに投資をするのは価値があるよ。

 

命令(強く要求)

harás lo que te comprometes.

約束したことをするんだぞ。

 

驚き・不安・意外性

¿Será posible que Valentina haya terminado sus tareas tan rápido?

バレンティーナがこんなに早くタスクを終えるなんて可能だろうか?

 

 

過去未来

過去の行為や状態の推測

Cuando mi hijo supo el fallecimiento de su abuela, él tendría cuatro años.

息子がおばあさんの死を知ったときは、確か4才だっただろう。

 

現在・未来の行為や状態の推測(暗に条件を含む)

Ahora me comería un pastel de choclo.

今なら「パステル・デ・チョクロ」を食べるんだけど。

 

現在・未来の行為や状態の婉曲的な表現

Me gustaría tomar vacaciones.

休暇を取りたいのですが。

 

現在・未来に関する非現実的条件文の帰結節

Si tuviera un poco más de tiempo, me juntaría más con mi amigo.

もしもう少し時間があれば、友達ともっと会うのだが。

 

譲歩

Posiblemente mi hijo prometería volver a Japón, pero no lo realiza.

私の息子は日本へ帰ることをきっと約束するだろうが、それを実現しない。

 

不確かな情報

Briones advierte que segundo retiro de fondos AFP tendría costo fiscal de US$ 4 mil millones.

「AFP 基金の2回目の引き出しは 4,000M 米ドルのコストを要するであろう」とブリオネス大臣は指摘する。

 

架空の人物設定や役割配分

Yo haría aseo y tú lavarías ropas.

僕が掃除をするので、君は洗濯ね。

 

現在完了

現在までの継続

“Eso lo estamos mejorando, hemos habilitado diferentes sistemas de trazabilidad en las regiones”, dijo la vocera de gobierno.

「それを今改善しています。各州にさまざまなトレーサビリティシステムを使えるようにしています」と政府のスポークスマンが言った。

 

現在までの経験

He viajado a la Isla de Pascua una vez.

イースター島には1度行ったことがある。

 

心理的現在に起こった行為・状態

Este año no he salido nada por Covid-19.

今年は Covid-19 のせいで、全く出かけていない。

 

過去完了

過去のある時点までに継続した行為・状態

Encontré la foto en el cajón en el que la había guardado Nana.

家政婦が引き出しの中に閉まっていた写真を見つけた。

 

過去のある時点までに経験したできごと

Había viajado a la Isla de Pascua una vez hasta que dejé de vivir en Chile el año 2020.

2020 年にチリ生活を終えるまでに、イースター島に1回行ったことがあった。

 

強調

¿Me habías preparado la cena?

夕食を準備してくれましたか?

 

過去のできごとに関する非現実的条件文の帰結節

Si hubieras hecho más ejercicio, te había resultado mejor.

もしもっとトレーニングをしていれば、より良い結果を得ていたのに。

 

 

直前過去完了

  • 特になし

 

未来完了

現在における完了の推定

“Los estadounidenses se sorprendieron cuando escucharon los pitidos del Sputnik. Es lo mismo con esta vacuna. Rusia habrá llegado primero”, agregó.

「アメリカ人はスプートニクの音を聞いたときに驚いた。このワクチンも同様である。ロシアが最初に達成しただろう」と加えた。

 

現在までの継続の推定

Para cuando él se jubile, mi padre habrá trabajado durante casi treinta años.

彼が定年をするときには、私の父は約 30 年もの間、仕事をしていることになるだろう。

 

現在までの経験の推定

En Santiago, cada participante habrá tenido una experiencia diferente.

サンティアゴでは、それぞれの参加者が異なる経験を得たであろう。

 

既に完了したできごとについての驚き・不安・意外性

¿No habrás escuchado algo de verdad?

本当に何も聞いていないの?

 

命令

Acuérdate de que cuando yo llegue a la casa, habrás terminado las tareas.

私が家に着くときには宿題を終えておくんだよ。

 

 

過去未来完了

過去のある時点から見て、既に完了したできごとの推定

Parece que ya habría terminado el partido cuando él llegó al estadio.

多分、彼がスタジアムに着いたときには試合が終わっていたであろう。

 

過去のできごとに関する非現実的条件文の帰結節

Si lo hubiera hecho, esta pesadilla nunca habría comenzado.

もしそれをやっていたとしたら、この悪夢は一切始まっていなかったであろう。

 

不確かな情報

El técnico chileno Mario Salas, ex entrenador de Universidad Católica y Colo Colo en nuestro país, habría dado positivo a COVID-19 en Perú.

チリ人の監督である Mario Salas(元 UC と Colo Colo のコーチ)、ペルーで Covid-19 の陽性反応が出た。

 

 

時制の一致まとめ

単純な文章だと時制を使うのも簡単だと思います。

が、もし一つの文書に動詞が2つ入ってきたら…

みなさんが一番苦手としているところかもしれませんね。

 

ここでは6つの時制組み合わせをご紹介します。

 

(主節)現在・未来 × (従属節)未来

「近い過去」「今」または「近い未来」に、『未来(その時点よりも後)』のことについて語るときは、【未来形】または【未来完了】を使う。

 

 

(主節)現在・未来 × (従属節)現在

「近い過去」「今」または「近い未来」に、『現在』のことについて語るときは、【現在形】を使う。

 

 

(主節)現在・未来 × (従属節)過去

「近い過去」「今」または「近い未来」に、『過去(その時点より前)』のことについて語るときは、【現在完了】【点過去】【線過去】または【過去完了】を使う。

 

 

(主節)過去 × (従属節)主節の時点よりも後

「過去(現在完了を含む)」に、『未来(その時点よりも後)』のことについて語ったときは、【過去未来】または【過去未来完了】を使う。

 

 

(主節)過去 × (従属節)主節の時点と同じ

「過去(現在完了を含む)」に、『その時点』のことについて語ったときは、【線過去】を使う。

 

 

 

(主節)過去 × (従属節)主節の時点よりも前

「過去(現在完了を含む)」に、『過去(その時点より前)』のことについて語ったときは、【過去完了】を使う。

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

 

動詞の活用でくじける人が続出してくると思います。

途中で挫折しないためにも、まずは基本的な使い方だけを抑えること。

 

基本的な使い方をきちんと学べたら、派生的用法の学習に取りかかりましょう。

派生する使い方を学んでいくことで、文章の真意を掴み始めることができます。

 

自分はこれまで雰囲気で動詞の時制を使ってきました。

ほとんど間違ってはいませんが、改めてきちんと学習することで、知らなかった用法がちらほらあることに気づけました。

これで現地の小難しい新聞記事を読むのが楽しみになりました。

 

ぜひ、みなさんも何度も繰り返して学習してください。

 

 

PS:動詞の活用にフォーカスしたインスタのアカウントを作っています。

こちらも良ければフォローしてください。

@speingo_verbos_moai

 

 

 

本記事のまとめ

  • 今回は「直説法の 10 個の時制」について学習。
  • 動詞の役割は、「できごと」「行為」「状態」を表すことが基本。
  • 譲歩や命令、他の時制の代わり、など派生的な用途も豊富。
  • 派生的な用途の例文集。
  • 頭に叩き込めば、話すときに自信を持てる時制の一致。
  • 時制の活用については、インスタをチェック!

 

このブログでは「チリ生活」「スペイン語」について発信しております。

ぜひ以下の記事ものぞいてみてください。

 

【必見!】チリに行く前に知っておきたいこと 本記事の内容 チリ渡航前、渡航後に必要な情報が分かる チリだけでなく、海外生活に必要な知識が分かる ...

 

スペイン語を学びたい方は以下の記事もどうぞ!

【やってみよ!】メリットだらけのスペイン語 〜世界 21 か国へ羽ばたけ〜 本記事の内容 世界中で話されているスペイン語の魅力 30年後には、2億人ほど増加する見込み サルサやバ...
【スペイン語学習方法】初学者から中級者までの9ステップ本記事の内容 スペイン語圏在住6年目だから分かるスペイン語学習の9ステップ 各ステップでのお役立ち情報満載 各...
【必見!】Amazonで評価の高いスペイン語文法書15選 本記事の内容 Amazonで買えるスペイン語文法書のまとめ 文法書選びで失敗しないために確認しておく...
【必見!】Amazonで評価の高いスペイン語単語帳20選 本記事の内容 Amazonで買えるスペイン語単語帳のまとめ 単語帳選びで失敗しないために確認しておく...

 

SNSやってます!

@MACLKO

@hermanos_moai

@speingo_verbos_moai

動詞の活用に特化したアカウントです

@Moai Brothers