スペイン語

【スペイン語】アルファベット:綴りを間違えなく伝えるコツも伝授

スペイン語のアルファベットはそんなに複雑じゃありません。

中学校で英語を勉強した人はすでにベースができているからですね。

英語にないアルファベットはたった一つだけ。

その文字は「ñ(エニェ)」です。

 

なんだ簡単じゃん。

モアイ、記事のレベル落としすぎだよ。

と思ってこのページを閉じようとした方、少しお待ちください。

 

皆さんに一つ質問があります。

例えば航空会社のスペイン語ネイティブスタッフと電話して、確実に自分の名前やメールアドレスを伝えることができると言い切れますか?

日本人の名前に慣れていないスペイン語ネイティブに伝えるのはかなり難しいことです。

スペイン語圏に6年住んでいる僕でも、まだ難易度が高いなと思うくらいです。

 

このブログ後半には確実にアルファベットを伝えるコツも記載しております。

さらに5歳児が現地校で学ぶ方法もご紹介します。

ぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

本記事の信頼性

  • 南米チリ在住6年目の純日本人男性
  • チリ人女性と国際結婚、1児のパパ
  • 企業戦士を支える立場で絶賛活動中
  • 絶望から這い上がろうと日々奮闘中

 

 

  • 赤色の文字はアクセント記号つきなので、強めに発音する
  • 青色の文字はアクセント記号はないけど、その単語の中では強めに発音する

 

スペイン語アルファベット一覧

冒頭にもお伝えしましたが、英語と比べると数は一つだけ多いです。

スペイン語の特徴的な文字は「ñ(エニェ)」となります。

 

アルファベット:alfabeto または abecedario

 

a:ア

b:べ

c:セ

d:デ

e:エ

f:フェ

g:へ

h:チェ

i:イ

j:

k:カ

l:

m:

n:

ñ:ニェ

o:オ

p:ぺ

q:ク

r:

s:

t:テ

u:ウ

v:

w:ブレ

x:キス

y:イ グリ

z:

南米では「v」が「べ」とも呼ばれるので、「b」と混乱することがあります。どちらか明確にするために、チリでは以下のように表現します。

  • b:べ ルガ(長い方の「べ」という意味)
  • v:べ ルタ(短い方の「べ」という意味)

「l」と「r」はどちらも「レ」です。以下のような特徴がありますので、意識して発音してみましょう。

  • l:巻き舌にはならない
  • r:巻き舌になる

 

間違いなくアルファベットを伝えるコツ

前の章でお気付きのように同じような発音がいくつかあります

そして日本人にとって難易度の高い「l」と「r」の発音も。

こういった文字は特に注意です。

他にも「e」「g」「t」なんかも電話越しだと聞き取りづらいですね。

でも、もう大丈夫。

航空会社や旅行代理店が使う「NATO フォネティックコード」を教えますね。

 

a:ア(a de Alfa)

b:べ(b de Bravo)

c:セ(c de Charlie)

d:デ(d de Delta)

e:エ(e de Echo)

f:フェ(f de Foxtrot)

g:へ(g de Golf)

h:チェ(h de Hotel)

i:イ(i de India)

j:タ(j de Juliett)

k:カ(k de Kilo)

l:レ(l de Lima)

m:メ(m de Mike)

n:ネ(n de November)

ñ:ニェ

o:オ(o de Oscar)

p:ぺ(p de Papa)

q:ク(q de Quebec)

r:レ(r de Romeo)

s:セ(s de Sierra)

t:テ(t de Tango)

u:ウ(u de Uniform)

v:べ(v de Victor)

w:ブレ(w de Whiskey)

x:キス(x de X-ray)

y:イ グリガ(y de Yankee)

z:タ(z de Zulu)

 

南米を拠点にしているラン航空の動画を見つけましたので共有しておきます。

>>ラン航空の動画を視聴してみる!

 

5歳児が現地南米でアルファベットを学ぶ方法

モアイの息子も一生懸命、アルファベットを学んでいますよ。

彼が学んでいる方法は「母音」と「子音」のオト

それをまず学んで、子音と母音を組み合わせて、どのような音になるかを想像しています。

 

母音

a:á

e:é

i:í

o:ó

u:ú

 

子音

b:[b]

c:[k] または [θ]

ch:[ʧ]

d:[d]

f:[f]

g:[g] または [x]

h:「無音」

j:[x]

k:[k]

l:[l]

ll:[j] または [ʤ]

m:[m]

n:[n]

ñ:[ɲ]

p:[p]

q:[k]

r:[r]

rr:[r’]

s:[s]

t:[t]

v:[b]

w:[w]

x:[s] または [ks]

y:[j]

z:[θ]

子音と母音を組み合わせて、音節というものが作られていきます。

 

 

a e i o u
b ba be bi bo bu
c ca ce ci co cu
ch cha che chi cho chu
d da de di do du
f fa fe fi fo fu
g ga ge gi go gu
h ha he hi ho hu
j ja je ji jo ju
k ka ke ki ko ku
l la le li lo lu
ll lla lle lli llo llu
m ma me mi mo mu
n na ne ni no nu
ñ ña ñe ñi ño ñu
p pa pe pi po pu
q que qui
r ra re ri ro ru
rr rra rre rri rro rru
s sa se si so su
t ta te ti to tu
v va ve vi vo vu
w wa we wi wo
x xa xe xi xu
y ya ye yi yo yu
z za ze zi zo zu

 

 

スペイン語発音時の注意点

注意するところはそんなにありません。

以下のポイントさえ覚えておけば、ほとんどローマ字読みです。

l(エレ)と r(エレ)の発音が日本人にとっては最難関

l(エレ)と r(エレ)には、2つ重なった単語がある。

  • 例:ll(エッレ)llave(ジャベ)、ajillo(アージョ)
  • 例:rr(エレドブレ)aburrido(アブード)、correr(コール)など

ll(エッレ)は国や地域によって発音が異なるチリでは濁ります

  • 例:llave(ジャベ)、lluvia(ジュビア)、llamar(ジャマール)など

特殊文字もある。(á, é, í, ó, ú, ü, ñ)

「ca, ce, ci, co, cu」→「カ・・コ・ク」

「cha, che, chi, cho, chu」→「チャ・チェ・チ・チョ・チュ」

「gue」と「güe」は区別する。

  • 例:hamburguesa(アンブルサ)、antigüedad(アンティグエダッ

「gui」と「güi」は区別する。

  • 例:guitarra(ラ)、pinino(ピンーノ)

「ga, ge, gi, go, gu」→「ガ・・ゴ・グ」

「h」は発音しない

  • 例:hotel(オル)、hamburguesa(アンブルサ)

「ña, ñe, ñi, ño, ñu」→「ニャ・ニェ・ニ・ニョ・ニュ」

「q」は「que(ケ)」「qui(キ)」の組み合わせのみ。

「za, ze, zi, zo, zu」→「サ・セ・シ・ソ・ス」

 

 

不明な点があれば、コメントでおしらせください!

 

 

 

created by Rinker
¥2,200
(2021/12/03 06:46:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

このブログでは、チリでの生活や海外生活に役立つことを発信しております。

下記の記事もぜひ訪れてみてください!

【必見!】チリに行く前に知っておきたいこと 本記事の内容 チリ渡航前、渡航後に必要な情報が分かる チリだけでなく、海外生活に必要な知識が分かる ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です