雑記

BOSE NC700のヘッドホンでチリ人の雑談をシャットアウト!

三男
三男
今日は僕のお気に入りグッズの紹介だヌイ!

チリでは2社での勤務経験がありますが、チリでの労働環境の感想を一言で表すと…

「うるせー」に尽きます。ここ一番集中したいときに大声での雑談は勘弁して欲しいですよね。また周りには自分しかいないのに、事務所内でひそひそ話をするというシーンもかなりあり、集中力は途切れるしすごいストレスでした。どうにか対策を取りたいとずっと考えていました。

そこで出会ったのがある方のBOSEのヘッドホン、QUIETCOMFORT35。僕はずっとPANASONICのRP-BTD5を使っていたのですが、その差に愕然とし購入の検討をはじめました。ちょうど新モデルがリリースされたということでしたので、早速そのモデルBOSE Noise Cancelling 700を購入してみました。

ちょっと価格が高いのですが、環境づくりのためには全く躊躇することなく決断できました。

長男
長男
もちろん購入したことはチリ人妻には黙っているイスラ!

BOSE NC700を使ってみた感想

いきなり感想を伝えさせていただきますが、雑音を完全にシャットアウトし、自分の世界に籠ることができます。

次男
次男
求めていたのはコレ、コレ、コレ、コレっーーーだラパ!

なんどもノイズキャンセルありとなしの違いを感じながらニヤニヤしております

これで集中して仕事をする環境、もちろんこのブログを書く環境が整いましたので言い訳なしです笑。

BOSE NC700のココがイイ!

洗練されたデザイン:ヘッドホンなのでデカいのはデカいんですが、スリムなデザインがそれを感じさせません。ちなみに僕はシルバーカラーを購入しました。

デカいのに軽量見た目は重厚感があるのですが、これまで愛用していたヘッドホンと比べると装着するととても軽くて長時間の利用でも疲れません

耳たぶが痛くない:これまでは1時間ぐらい装着していると耳たぶ周辺が痛かったのですが、これ全然痛くない。むしろなんか優しく包まれている感じ。何、コレ。。

髪の毛が抜けない:これまではサイズを調整したり、脱着時に髪の毛の巻き込み事故が発生しておりました。年々少なくなってくる貴重な髪の毛をみすみす失ってはいけないお年頃ですので、薄毛が気になる方でも大丈夫

ノイズキャンセリングの調整:果たして11段階のレベル(0〜11)が必要かどうかを聞きたいぐらい充実しているレベル。ちなみに僕はマックスの10がお気に入りお気に入りのレベルをアプリ上で登録して、ヘッドホンについているボタンを使ってワンタッチで切り替え可能

タッチパネルの感覚:このヘッドホンについているボタンはたったの3つ。曲のスキップや音量の調整はなんとヘッドホンの表面に触れるだけでできちゃいます。

会話モードへの切り替え:左にあるボタンを長押しすることで、ノイズキャンセリングをオフにできるのですが、そのバリアを解くような感覚がたまりません

電源オン時のライトがソフト:真っ暗の寝室で利用することが多いので、いつもチリ人妻に迷惑がられていたのですが、このライトであれば暗いところでも気兼ねなく使えます

三男
三男
これは対パナソニックの廉価モデルとの比較だから全て高評価だヌイ!

BOSE NC700のココがうーん!

アプリとの連動:まずアプリをダウンロードしてアカウントを登録するんですけど、このあたりが個人的には面倒臭いポイントでした。まず国を選択しようと思っても、なぜかチリはないし?! イースター島はあるのに。それからEメールアドレスで登録しようとしたけどエラーが表示されたので、仕方なくFacebookアカウントと連動でアカウント登録を完了しました。

 

充電器のケーブル:ユニバーサルな接続口じゃなくてこのヘッドホン専用のケーブルなので、いつも持ち歩いているケーブルセットに新たに仲間が増えてしまいました。

デバイスとの距離:65平米の家の中では全く問題ありませんが、直線距離で13歩ぐらい歩くと徐々に接続が悪くなります。

長男
長男
とはいえ、不満は限りなくゼロに近いイスラ!

ノイズキャンセリング利用にあたる心配事

昨夜就寝前にノイズキャンセリングをオンにしたままマイクを使ったとき、耳の中の圧が変わったような気がしたんですね。それでリビングで会話をしていたチリ人妻とチビ助の声が入ってきたんです。その時にふと「ひょっとして耳に悪いのでは?」という心配がうまれました。

ちょっと気になったので少しネットで情報を調べたところ、雑音が聞こえることにより音量をあげる必要がないので、むしろ耳には良いのでは?という結論もあるようです。ご判断はご自身にお任せします。

参考までに確認したサイト

https://baburu-blog.hatenablog.com/entry/noisecanceling-bad-effect

https://miyastyle.net/noise-canceling

 

ノイズキャンセリングの仕組みとかはよくわかりませんが、ヘッドホンを使用することによる根本的な問題はあるもののノイズキャンセリングによる健康への影響は少なそうです

 

いかがでしたでしょうか?基本的に音楽はどちらでも良く気分が落ち着くジャズを聞きながら作業しておりますので、音質が良いかどうかは残念ながらわかりません。日本の職場だとヘッドホンを使用しながら勤務するということは少し難しいのかもしれませんが、チリの職場だとまわりの同僚もイヤホンやヘッドホンを使用しながら勤務している人が結構います。

僕はなるべく定時ダッシュを心掛けている現地社員ですので、勤務時間内にいかにして効率良く仕事を進めるかということを常に考えています。このヘッドホンで働く仕組みこそ変えることはできませんが、通常変えることのできない環境を変えることができる代物です。