海外勤務

【体験記】JACリクルートメントの面談を受けてみた

三男
三男
JACリクルートメントのコンサルタントを受けてみたので、感想を共有するヌイ!

 

本記事の内容

  • 3社の中でアプローチが一番早いJACリクルートメント
  • 面談を受けてみることで頭の中が整理される
  • 面談を受けて、人材紹介のプロからのアドバイスをもらえる
  • 自分の強みと弱みを再確認すると

本記事の信頼性

  • 南米チリ在住6年目の純日本人男性
  • チリ人女性と国際結婚、1児のパパ
  • 企業戦士を支える立場で絶賛活動中
  • 絶望から這い上がろうと日々奮闘中
SNSやってます!

@MACLKO

@hermanos_moai

@Moai Brothers

 

登録した3社の中でのスピード感はJACが優れている

先日、以下の3社の人材紹介サービスに登録してみました。

  • アージスジャパン
  • サムライジョブ
  • JACリクルートメント

 

具体的な登録方法は以下の記事から確認してみてください。

【転職エージェント】アージスジャパンの登録方法 本記事の内容 転職エージェント、アージスジャパンの魅力を伝える 無料転職サポート登録の手順を紹介する ...
【転職エージェント】サムライジョブの登録方法 本記事の内容 転職エージェント、Samurai Jobの魅力を伝える 無料転職コンサルティングサービス登録の...
【転職エージェント】JACリクルートメントの登録方法 本記事の内容 転職エージェント、JACリクルートメントの魅力を伝える 無料転職サポート登録の手順を紹介する ...

 

この中で一番先にアプローチしてくれたのは、【JACリクルートメント】です。

登録してからすぐに担当者との面談設定を目的としたメールを送ってきてくれ、早速面談予定を取りつけました。どんな面談なのか楽しみですね。

通常面談担当のコンサルタントが対応してくれるらしいのですが、経歴書の送付やアンケートに答えたところ、自分の場合はその業界の専門コンサルタントに対応いただきました。

次男
次男
フォローもしっかりしていて、しっかりと前に進めるようになっているラパ!

 

ちょっとした豆知識

ちなみにJACリクルートメントは、『両面』とのことです。

 

一体なんだ、転職コンサルタントにおけるその用語は?

と思ったのですが、簡単に言うと、一人のコンサルタントが企業側(求人)と個人(休職)の両方を担当するという意味合いのようです。

これのメリットは企業と個人の間のミスマッチを極力少なくすることにあります。

 

その逆が『片面』で、大手企業のほとんどはこちらのようですので、JACリクルートメントの強みの一つと言えます。

長男
長男
デメリットは、企業ごとに担当者がコロコロ変わる可能性があることだイスラ!

 

面談を受けることで準備をする

どこの人材紹介コンサルタントでも良いですが、とりあえず受けることをオススメします。

 

面談の設定をしたら、少しは事前準備をしておかなきゃという気持ちになります。そう感じることで、自分の将来についてじっくりと考えるという行動に移ります。惰性で生きてしまっていると、将来のことを考えずに時間だけが過ぎていくことがあるので、こういった機会に一度見直すことがオススメ。

 

まず自分がどうありたいのか。自分の在り方を整理します。次にどのような業界で活躍したいのか。業界が決まっていれば、そのフィールドで戦っている企業を調べます。自分の場合は海外勤務を念頭に置いているので、企業が分かったら、どんな海外戦略をとっているかを調べてみました。

 

そうすることで、自分が気になる業界の世界地図を頭に叩き込むことができます。転職するしないに限らず、その業界を俯瞰する見方ができるのでオススメです。日々の業務に集中してしまうと、結構狭い視野になっていることが往々にしてありますよね。

 

面談を受けて人材派遣のプロに印象を述べてもらう

まず、無料コンサルタントがありがたいですよね。

 

なかなか無料でコンサルタントをしてくれる人なんかいませんよ。約40分の面談を無料でしていただきました。もちろん彼らにとっても、良い人材を発掘し転職を決めることで、収入を得るので営業活動でもあるのですが。

 

営業活動だけではなく、ちゃんとこちらのフィードバックをしてくれるのが良いところ。もちろん人材によっては辛口コメントなんかもあるので、覚悟した上で臨みましょう。

 

ちなみに、僕は。。。辛口コメントありましたよー。

僕のようなプロフィールの人間を求める会社はかなりピンポイント。

これを裏返すと??

三男
三男
その先はご想像にお任せするヌイ!

 

 

転職マーケットでの自分の強みと弱み

自分の強みは、ネイティブと交渉できるスペイン語力。まぁそりゃそうだよね。

逆にその他には『これと言ってない』と受け取りました。(ニコっ)

 

自分で思っていた強みってオールラウンド。営業もできて、事務もできて、会社にとって良いように使いたい放題というのが売りだと思っていました。

 

ただ転職市場では『即戦力』を求めている企業が多く、今やっている業務をそのまま違う会社で行うという案件がほとんどということが分かりました。

 

また案件の中でも営業が多いような印象を受けました。自分も元々営業上がりなんですが、しばらく前のことなので、あまり強みにならないとのこと。求人している企業が躊躇する経歴となっているようです。

次男
次男
なかなかズバズバ言ってくる専門コンサルタントだったラパ!

 

ここで学んだことは、オールラウンダーよりその道一筋っていう方が転職市場では価値があるということ。それだと日本企業がとる人事戦略とは、一体?営業から経理、経理から調達、調達からCSR。こんな人事異動があると、どんどん転職市場から興味がなくなるような人材となってくるような気がします。転職市場だけでなく、所属している企業でもどうなのかな?

 

話が逸れてしまいましたが、自分が思っていた強みと、転職相談のプロから見る自分の強みにギャップがあることが判明しました。転職市場において素人の自分があれこれ考えるより、人材マーケットにいる専門の方からアドバイスをもらう方が正しい方向に進むことができると思います。

 

そう言った意味でも、この転職コンサルタントを受けてみるのが良いと思います。

 

>>JACリクルートメントで無料登録する!

まとめ

本記事のまとめ

  • アプローチの早さは、さすが大手のJACリクルートメント
  • 自分の頭の中を整理するのにコンサルタントを受けるのは良い機会
  • 無料で転職相談プロからのアドバイスをもらえる
  • 自分の強みと弱みを把握、ギャップを解消する

 

いかがでしたでしょうか。

このブログではチリ生活や海外生活について発信しております。

ぜひ以下の記事ものぞいてみてください。

【必見!】チリに行く前に知っておきたいこと 本記事の内容 チリ渡航前、渡航後に必要な情報が分かる チリだけでなく、海外生活に必要な知識が分かる ...

 

SNSもやってます!

@MACLKO

@hermanos_moai

@Moai Brothers